stroboscope

いつかの記憶
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 東北地方太平洋沖地震について | main | coda >>
# TALES OF THE WORLD Radiant Mythology 3
 マイソロ3クリアしました。前作が2年近くかかった(途中で飽きた)のに対し、今回は集中して終わらせました。と言うか、ストーリーだいぶ短くなった気がしたのですがどうなのでしょうか?作業ゲー度は下がったような気がします。
 OPは前作のが好きなキャラクターが多く登場していて好感度高かったのですが、今回はいまいち???と思わざるを得ないところが多々ありました。それで良いのかバンナム!みたいな…。
 お祭りゲームだし、しょうがないと言えばしょうがないのですが…。
 追記でストーリーやキャラクターシステムについて、某所で呟いた事も含めていろいろ。

JUGEMテーマ:テイルズシリーズ
 ・ストーリーについて
 よくも悪くもなく、前作が「心の闇と向かい合う」のに対し今回は「共存/共生」だと感じました。今回はあらゆる争いの元になるエネルギー「マナ」の結晶体とされる「ホスチア」を巡ってですが、基本的なストーリーの流れは前作と変わらないフローチャートでしたね。
 マナ(ホスチア)が枯渇して戦争が起こっているらしい→科学者がアドリビトムに集う→古代の技術の解析→必要なもの集める→世界も変わり始める→最終決戦
 微々たる変化はありましたが、基本はこんなもんでしたね。よくも悪くもなく。
 ドクメントやソウルアルケミーなど単語はでてきたものの、いまいち生かされていないというか、新しい単語作るのではなく従来の設定でもっと深く掘り下げて欲しいと思いました。

 ・キャラクターについて
 凄い沢山のキャラでるよ!って言うのをウリにしているのは分かるのですが、それにしても偏りあり過ぎってくらい前作でそこそこ活躍したキャラクターの空気具合はハンパじゃなかったです。ルークとかルークとかルークとか…!
 ヴェスペリアとグレイシスをプッシュしたいのは分かるのですが、分かるからこそ逆に嫌いになりそうでした、私は。GVも今回は完全に左遷でしたしね…。
 あと、長髪ルークは断髪するのかと思えばせずに終止親善大使でしたが、あれは3DSに向けてなのかなあと思いました。私は長髪も大好きですが、短髪ルークがちゃんと王族している2の設定が凄く好きだったので、なんだかなーといった気分でした。髭参戦という事でジェイドがルークの家庭教師設定も無いし…アッシュが国を思う良い王族として描かれるたびにルークの当て馬感がするし…。
 ユーリの王族嫌いが全部ルークに当たってるのも腹立たしい感じでした。
 ルークは自分が王位継承者でもアッシュほど国(=ナタリア)に対してどうにかしようとする気持ちはない事を自覚している。故にどうしたら良いか分からないうえに、アッシュから屑と言われたり、ナタリアが無意識に持つアッシュが王位継承者なら…の感情を感じ取って親善大使化せざるを得ない感じがするのですよ…!
 だからやっぱり人間の本質として性格が悪いのではなく、環境がそう成長せざるを得なかったのではと思わずにはいられないのですよ…!
 あとアッシュよりルークの方が社交性あるような気がするんだけど気のせいかな…。
 それと、シンフォニアの嫁姑戦争は今回はあまり無かったのですが、代わりにレイヴンがロイド君に攻略されてしました。つーか、マイソロやってて気が付いたのですがゼロスの「ハニー」呼びって最初は「甘ちゃん」の意味でのハニーで、最終的には愛しいとかそういう意味に攻略されて変化したんですね。うーん、気付かなかった。
 
 いろいろまだあるのですが、とりあえずこんだけ。
| - | trackbacks(0) | 00:00 | category: game |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:00 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://wakolog.jugem.jp/trackback/22
トラックバック